非課税投資のNISA口座開設キャンペーン
初心者のあなたも株主デビュー!NISAとは
nisa

剛力彩芽のCMでも浸透しましたが、
2014年1月から「NISA(ニーサ)」と呼ばれる制度が始まりました。
今迄株式や投資信託をしたことのない方にも投資を始めやすい制度です。


これを機会に株主デビューしてみてはいかがでしょうか!私も株式投資初心者!早速NISA口座を開設手続きしてみました。


  • NISAって何?

NISAの語源は、イギリスの個人貯蓄口座ISA(アイサ)とNipponのNを合わせたもののようですが、NISAとは、本来税金のかかる株式や投資信託の儲けを非課税にする口座の制度です。


NISAの口座をつくると、
毎年100万円までの新規購入分(最大500万円)迄の利益が税金がかかりません。
2014年から2023年までそれが続きますので、
その期間にその口座で購入した株式は5年間非課税ですがその後そのまま、翌年の100万円枠に置いておくことも可能なので、最大14年間にわたって非課税のメリットを受けられます。


  • NISAはなぜ導入されたの?

ひとつは、年々急増している資産を全く持たない家庭の、
将来の為の資産づくりを促進したいためです。
またもうひとつは、資産が貯蓄から投資へ、企業への投資を盛んにして経済を盛り立てるためです。


  • 口座開設するには

NISAで株式投資するには、まず取引の口座が必要です。
証券会社や銀行の窓口に行ってNISA専用口座の開設の手続きをしますが、ネットバンク⇒ネット証券だと窓口に行かなくても開設の手続きができます。

見逃せないNISA口座開設キャンペーン

NISA口座開設のキャンペーンをしているネットバンク&提携証券会社をいくつかご紹介。


  • ジャパンネット銀行(JNB投資信託)

NISAキャンペーン】JNB投信信託のNISA口座をお持ちのお客様対象、NISA口座でロードファンドを購入すると、もれなく販売手数料(税抜)の50%分をJNBスターでプレゼント!(~2014.9.30)


  • 楽天銀行(楽天証券)

NISA口座開設で投資信託を1000円分プレゼント!】投資デビューの方のために、おすすめの最初の1銘柄の買付代金を進呈。第一歩を踏み出すお手伝い!


驚きの手数料!!】国内株式や投資信託の約350本の売買手数料が無料。海外投資信託の投資信託の買付手数料がキャッシュバックで実質0円!


NISA専用ダイヤル設置】安心して相談!


  • 住信SBIネット銀行(SBI証券)

SBI証券のNISA口座のメリット】国内株式売買手数料が無料。海外投資信託の投資信託の取扱い本数、外国株式の取扱い国数もNO.1!


安心の非課税の少額投資。まずは始めてみては?現在、税務署の審査にはいずれも4~6週間かかっているようですので、キャンペーンに間に合うようにアクションはお早目に!

※キャンペーン詳細はこちら⇒ ジャパンネット銀行
人気のネットバンク比較 ランキング!

全国対応のネット銀行を管理者自ら使用し、検証した ネットバンク ベスト5を発表!

 

  • 楽天銀行

楽天市場のネット銀行です。安価な手数料と好金利の定期預金や投資信託も人気で、競馬などの公営競技やtoto、Edy、証券会社をはじめ、多くのサービスと提携しています。

  • 住信SBIネット銀行

住友信託銀行とSBIが作ったネットバンク。ATM利用数・利用料・振込手数料、使いやすさ良し。目的別口座であなただけの特別な預金口座を5つまで作ることができる機能。

  • ジャパンネット銀行

日本発のインターネット専業銀行。三井住友・ヤフー系の安定銀行です。セキュリティ面において最高レベルといわれるトークン形式のワンタイムパスワードを導入。

  • 新生銀行

東証1部上場。特に外貨預金・定期預金に強み!外貨預金でも資産を増やしたい方にはおススメです。セブン銀行、ゆうちょ銀行のATMご利用は無料。他提携ATMが多数。

  • セブン銀行

セブンイレブン、イトーヨーカドーグループ系の銀行。全国のセブンイレブンATMなどで手数料無料で利用可能。各社ネットバンクがセブン銀行のATMを利用するなど利便性が高い。