ネットバンクの犯罪を知っておこう!
ネットバンク犯罪の実態について

インターネットで振込や資産管理をするのはとっても楽そう、でもパスワードを盗まれたり、顧客情報を盗まれたりすることがあるんじゃないの? そんな風に思ってらっしゃる方もたくさんいると思います。 ついこの間、実際に私にも「貴様のアカウントの・・・・・検証する必要があります。」という文面で「本人認証サービス」のメールが来たのですが、「貴様?日本語おかしくない?」と思い、ネットで調べると、そういう詐欺メールが蔓延していたことがわかりました。 そのメールのリンク先をクリックすると、本物そっくりの偽造ログイン画面でパスワードの入力を要求されてパスワードを盗まれてしまいます。


また、そういう詐欺サイトに誘導するようなコンピュータウィルスやスパイウェアとよばれる悪質なプログラムも存在しているのが現状です。 その為に各社、かなり強固なセキュリティシステムを採用しています。


各社の対処方法を紹介

  • ワンタイムパスワード
一度きりの使い捨てパスワードのことです。 ジャパンネット銀行は「トークン」という随時変化する暗証番号を示す小さな機械を無料配布しています。振込の時には必ずこの番号が必要なので、他人には振込ができません。 住信SBIネット銀行は、携帯電話に第3認証キーを送信するモバイルキー認証の方法も選べます。(2014/9月で終了)楽天銀行は、パスワードがメールで届くシステムがあります。

  • ソフトウェアキーボード
パソコン画面上に表示されるキーボードを使ってパスワードを入力するので、パスワードが盗まれにくい。 その他、さまざまな方法でセキュリティ対策をしています。


著者からのアドバイス、これだけは知っておこう!

パソコンでネットバンクするのであれば、ウィルス対策ソフト、スパイウ ェアソフトをインストールし常に保護しておくことは必須! パスワードを定期的に変更したり、振込額などの限度額の設定をすることも大切です。 各社、最新の犯罪情報や対策などをホームページに掲載しています。 この画面が出たら注意!など、必ずチェックしてくださいね! 犯罪を未然に防げます! キャッシュカードの暗証番号を、パソコンの画面上で聞かれることはまずありません。何か怪しい!と感じたらすぐ各お問い合わせ番号にお電話しましょう。 被害にあっても、損害の補償をしてもらえる場合もありますので対策をした上で安心して、ぜひネットバンクサービスを始めてみてください!

※キャンペーン詳細はこちら⇒ 住信SBIネット銀行
人気のネットバンク比較 ランキング!

全国対応のネット銀行を管理者自ら使用し、検証した ネットバンク ベスト5を発表!

 

  • 楽天銀行

楽天市場のネット銀行です。安価な手数料と好金利の定期預金や投資信託も人気で、競馬などの公営競技やtoto、Edy、証券会社をはじめ、多くのサービスと提携しています。

  • 住信SBIネット銀行

住友信託銀行とSBIが作ったネットバンク。ATM利用数・利用料・振込手数料、使いやすさ良し。目的別口座であなただけの特別な預金口座を5つまで作ることができる機能。

  • ジャパンネット銀行

日本発のインターネット専業銀行。三井住友・ヤフー系の安定銀行です。セキュリティ面において最高レベルといわれるトークン形式のワンタイムパスワードを導入。

  • 新生銀行

東証1部上場。特に外貨預金・定期預金に強み!外貨預金でも資産を増やしたい方にはおススメです。セブン銀行、ゆうちょ銀行のATMご利用は無料。他提携ATMが多数。

  • セブン銀行

セブンイレブン、イトーヨーカドーグループ系の銀行。全国のセブンイレブンATMなどで手数料無料で利用可能。各社ネットバンクがセブン銀行のATMを利用するなど利便性が高い。