トークンを使ってログインしてみよう!
  • トークンとワンタイムパスワードとは?

ジャパンネット銀行や、ソニー銀行、りそな銀行、シティ銀行などでは、
強固なセキュリティのために「トークン」と呼ばれる認証のための小さい機械を配布しています。


形状はキーチェーンに付けることのできるようなタイプや、
カード型、USBメモリのようにパソコンのUSBポートにつなぐものなどがあります。



この「トークン」とは、設定した時間が経過するごとに変化する、
使い捨ての一度きりのパスワード「ワンタイムパスワード」を表示しています。


また、ログインごとに変化するパスワードを表示させるものもあるようです。


この一度きりパスワードがないと振込など重要な操作ができないようになっており、

誰かがどこかで振込送金したり、ログインパスワードを変更したりできないようなシステムになっています。

実際に使ってみました!

 

ネットオークションやネットでお買い物、また日々の支払い、振込。
実際にジャパンネット銀行でトークンを使ってみました。まずはログイン。

 

1) ジャパンネット銀行のホームページの左上「ログイン」ボタンを押します。

 

 

店番号と口座番号、ログインパスワードを入力します。

 

 

ご自身のページが出てきますので、その中のメニューで「振込」を選ぶと、振込先を選択する画面になります。
今回は、「ジャパンネット銀行」の「すずめ支店」を選択してみました。

 

 

「振込先入力へ」ボタンより進み、振込先口座番号を入力、名前確認ボタンがあるので、念のため振込先名を確認しておきましょう!
そして、振込金額を入力し「確認」を押すと、内容が表示されます。

 

 

内容を充分確認して問題なければ、ページ一番下の、
「ワンタイムパスワード」の空欄に、トークンに表示されている番号を入力して「 振り込み 」ボタンを押すと振込完了です。

 

このトークン、ジャパンネット銀行では 無料配布 され、
もし万が一失くしたときも再発行してくれます(再発行には1050円かかります)。
このトークンの番号がない限り、これ以上進めません!


この方式は、いろいろなセキュリティ方式の中でも 一番強固 なタイプ!安心は大切!

※キャンペーン詳細はこちら⇒ ジャパンネット銀行
人気のネットバンク比較 ランキング!

全国対応のネット銀行を管理者自ら使用し、検証した ネットバンク ベスト5を発表!

 

  • 楽天銀行

楽天市場のネット銀行です。安価な手数料と好金利の定期預金や投資信託も人気で、競馬などの公営競技やtoto、Edy、証券会社をはじめ、多くのサービスと提携しています。

  • 住信SBIネット銀行

住友信託銀行とSBIが作ったネットバンク。ATM利用数・利用料・振込手数料、使いやすさ良し。目的別口座であなただけの特別な預金口座を5つまで作ることができる機能。

  • ジャパンネット銀行

日本発のインターネット専業銀行。三井住友・ヤフー系の安定銀行です。セキュリティ面において最高レベルといわれるトークン形式のワンタイムパスワードを導入。

  • 新生銀行

東証1部上場。特に外貨預金・定期預金に強み!外貨預金でも資産を増やしたい方にはおススメです。セブン銀行、ゆうちょ銀行のATMご利用は無料。他提携ATMが多数。

  • セブン銀行

セブンイレブン、イトーヨーカドーグループ系の銀行。全国のセブンイレブンATMなどで手数料無料で利用可能。各社ネットバンクがセブン銀行のATMを利用するなど利便性が高い。