ネットバンク比較 
  ネットバンク法人口座をわかりやすく比較!
法人口座|個人口座

法人口座徹底解説
新生銀行はでんさいネットサービスが使える!

 でんさいネットって何?  

会社間の取引で発生する債権の中には、現金振り込みではなく約束手形などの手形で支払う場合がありますが、その手形・指名債権(売掛債権等)の問題点を克服した新たな金銭債権のことを、電子記録債権といいます。

全国銀行協会が設立した(株)全銀電子債権ネットワーク という会社の通称が「でんさいネット」といい、全国の金融機関が参加しています。

同社による電子記録債権を「でんさい」と呼びます。
でんさいネットサービスは、平成25年2月18日から始まりましたが、ネットバンクでは今のところ、 新生銀行やあおぞら銀行、シティバンク銀行などが参加しています。
 面倒だった取立手続きも不要!  

でんさい
手形や売掛債権を「でんさい」に変えると、たくさんのメリットがあります。まずは支払いをするほうのメリットを考えましょう。

■支払企業(債務者)のメリット
「でんさい」はペーパーレスです。手形の発行や、発送、振込などの面倒な事務作業や事務費用が発生せ ずコストを軽減できます。手形に必要な印紙も「でんさい」には必要ありません。

■納入企業(債権者)のメリット
手形は紛失したり盗難にあうこともあるので、金庫などを用意し厳重に保管する必要があります。 しかし「でんさい」は記録がでんさいネットのサーバーにあるので会社で置いておくものではなく、保管コストを削減できます。

また、必要分分割して譲渡や割引(期日前の換金)ができるし、何と言っても、「でんさいだ」と支払期日に口座に自動的に入金されるため、現金を回収するための面倒な取立手続が不要です。

無駄なく譲渡や割引ができるので、手形から「でんさい」に切り替えていくほうが資金繰りに有効活用できそうです!

個人事業主でも利用可能です。
「でんさい」導入には準備も必要ですが、新生銀行などでも導入の手続きはマニュアル等で詳しく説明しています。約束手形でお悩みな方は利用してみてはいかがですか?

 人気のネットバンク法人口座 ランキング!  

人気のネットバンク法人口座 ベスト3!